DQX 魚人リィクの汗と涙の手記

戦士を愛する不器用なウェディ男がアストルティアの冒険で体験した事を綴った日記である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪に散る紅、辺境の村にて【前編】

久し振りに手記に触れた気がする…マズいな。
何やってたんだと言われかねないウェディ戦士のリィクだ。
いや、別に書く事が全くなかった訳ではない。
筆を握る気になれなくてな…冒険自体は進展はあった。
またお嬢の盗みに巻き込まれたり、蜘蛛以外の強ボスに挑んでみたり…アトラス倒したり、強い武器を得たり、桃猿を逃しまくったりな!

さてと…今回はランガーオ村で起きた事件について記してみるとしようか。

銀猿を狩るのにラギ雪原によく行くのだが、そこへの最寄りの町村がたまたまランガーオ村であった。
ほぼ素通りしているだけであまり村を探索しなかったが…たまには多種族の文化に触れてみるのも悪くはない。
村人が村王…まぁ、村長とどう違うのかは分からないが…会うといいと言っていたので訪ねてみた。
しかし、あいにくの留守だったようだ…また改めて来るかと引き返そうとした所、村王の側近が声をかけてきた。
どうもラギ雪原に村人を探しに行った村王が戻らない事が心配らしい。
…そこで遭難するか?普通なんて言葉が出かけたのを呑み込みつつ、側近の頼みを聞いて村王を探してみる事にした。
確かにここに訪れる奴らはだいたい正気じゃない…血眼になって銀猿追いかけて回してるしな。
なんて思っている内に遭難しかけた村王と気を失った村人を入り口付近でわりとあっさり発見した。
吹雪にやられて弱ってはいたが、側近に渡されたヌーク草を渡したら2人共元気を取り戻して村へ戻っていった。

それからしばらくして再び村王を訪ねてみると、今度は村王が私の腕を見込んで頼み事をしてきた。
村の伝統を子供達に教えたいという事でエゼソル塩湖から塩を採ってきてくれとの事。
塩で何をするんだか…デカい焼き肉でもするのか?
と思いつつ、自宅経由で人の気配のないガタラ付近のサーマリ平原からエゼソル塩湖へと向かった。
小屋にいるドワーフと軽く話したが、村王の使いが来たのは久しいらしい。
許可を得てから塩湖に入った、いや…湖とは言うもののそこには水は一滴もなかった。
あるのはザラザラの白い塩のみ、辺り一面キラキラした塩しかなかった。
湖に飽きて、天へと伸びていったかのような塩の柱の下のタルから塩を頂くと速攻でルーラ石をかざしてその場を離れた。
塩分は鎧によろしくない上になんだか身体が痒くなってきたからだ。
ちょっと塩をなめてみたがレーンの村やジュレットで使われるようなものとは比較にならない位には濃い!そりゃ痒くなるな。
鎧を拭いた後、アズランの温泉で塩を落として熱い湯に浸かった…こうしてゆっくりしたのも大分久しい。
ここんところあちこち飛び回っていたからな…
村に戻って村王に塩を渡すと、村王に村の奥にある武闘場に来るように言われたのでそこへ向かった。
村王は子供達に村の伝統を教える為に塩を頼んだようだ。
武闘場の祈りの儀式…いつも簡略してやっていたものをちゃんと行った。
塩を撒いてここで命を落とした者達や戦神に祈りを捧げていたようだが…アストルティアには一体何人神がいるのだろうな。
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 21:00:00|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灰と光、氷像と影と…【前編】

私が手記を書く動機となった目的…
それは自身がどのようにして旅立ち、多くの失われたものの仇を討ったのかを記しておくというものだ。
それを今、少しずつ記していこうと思う。



いつも手記でウェディの男と名乗ってはいるものの、最初からウェディの男として生まれた訳ではない。元はレンダーシアのエテーネの地に住まう、ごく普通の人間の男だった。
巫女のアバ様とカメ様という村の守り神に護られてエテーネの村の人々はひっそりと平和に暮らしていた。
ある日の事だった。
気が付くと、私は見知らぬ美しい神殿にいた。
身体が妙に軽いと思ったらどういう訳か、肉体を失って精神体になっていた。
何があったのか…当時は全く思い出せなかった。エテーネの村にいた事や自身の名前は覚えていたが、何らかのショックで記憶を失っていたのだった…後に記憶は取り戻したがまだ何かを忘れている気がする。
何がなんだか分からぬまま辺りを見回していると得体の知れぬ声が私に語りかけてきた。
声の主は神様だと名乗り、私は死んでいるのだと告げた。更にはこのまま死ぬ運命ではないと言った。
次々と訳の解らぬ事が起きるのと曖昧ながら死んだ記憶が戻ったせいで混乱した私は頭を抱え込んでしゃがみたい衝動を抑えつつ、声に訊ねた。
死ぬ運命ではないというのは?これから私をどうするつもりなのかと…
声が言うには…私には果たすべき事があり、これから5つの種族の内の1人となってアストルティアに旅立ってその使命を果たしてもらうとの事。
人間の身体にはもう戻れないらしい…
(5つの種族の説明はここを読む者が冒険者しかいないと思うので割愛させてもらう。)
いちいち考えていると更に混乱しかねない。
私は声に従ってどの種族となるのかを考えた。
旅立った先でも魔物と戦う機会はあるのだろう…
自身の性格からするとなるべく前衛向きの身体が良さそうとだと種族の説明を聞きながら考えていたが最終的に2つの種族のどちらにするか迷った。
ふと、容姿の事を思った。
迷いは即断ち切れた…


気が付くと私は小舟に横たわり、花に包まれて海へと流されかけていた。
ガバッと起き上がったら驚かれた。
それもそのハズだ…この身体にあった記憶からすると、ヒューザという青年と真剣で修行していた所を少女ルベカに呼ばれ、余所見をしていた隙にうっかり斬られて死んでいたらしい。
記憶の映像を見て気付いたのは周りの人物には皆ヒレがあり、肌は寒色系の色をして身体がスラリとしている者が多かった。
そう、私はこの日に事故で死んだウェディの若者の身体を借りて生き返ったのだ。
生き返った私に気が付いたヒューザが舟を陸に引き揚げてくれたが殺した癖に態度が悪くて気に喰わん。
不満が顔に出ると困るので平静を装って周りの話を聞いていたが周りは生き返った事に驚き、そして安堵していた。
というのも、青年アーシクが結婚式を挙げるらしく…危うくそれが葬式で台無しになりそうだったからなのだそうだ。 
騒ぎが収まった後、ここはレーンの村というらしいが…村人達と話して分かったのは
・この身体の持ち主と私が入れ替わった事に皆気付いていないらしい、気付いたら気付いたでとんでもない騒ぎになりそうではあるからむしろ好都合とも言える。
・ルベカとアーシクと人ごrヒューザは幼なじみで彼らとは仲が良いようだ、ヒューザはライバルなのだろうな…
・アストルティアに旅立つ為には一人前の証という物が必要らしい。
・それを貰う為にアーシクの結婚式のシェルナーと呼ばれる儀礼を執り行う役割をやらねばならないようだ。
・しかし、ヒューザもシェルナーになろうとしているらしく…シェルナーは1人しかなれない。この機を逃したらいつ村を出られるか分からない。
彼には申し訳ないが一人前の証は私が頂いていく…
  1. 2013/03/13(水) 14:20:00|
  2. 戦士リィクの回想録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

剣無き戦士と苦いチョコの記憶

※今回はユーザーイベント『チョコ泥棒を追いかけろ!』の記憶が記されているようだ。

私だ、ウェディ戦士のリィクだ…。
先日は嫌な思いをした…私らしからぬ失態を犯したのだ。

私の竜殺しの両手剣がある人に盗まれた。
にも関わらず、その事に気が付かなかったのだ!


某日、特訓クエストを果たすべく強敵に挑み、激戦続きで真っ白に燃え尽きてベッドに倒れて抜け殻のようになっていた。
(転職して絹のローブを着ていたので文字通り真っ白だった)
確かもうしばらくは血で汚れたくないとかおかしな事をぼそりと言っていたような気がする。
一緒にいた相棒も心配していたか…
意識が朦朧としてきた所でお嬢が家に来たんだったな…
私の様子を見るなりニコニコしながら今ならノーガードだからイタズラなり襲うなりできるやないのvとか言っていたか…
流石に普段の突き刺さるような返しがなかったからか、何もしてこなかった。
いや、正確にはこの時に剣を盗んだと思われる。
後日、剣が盗まれていた事に気が付いた時はもう手遅れであった…

まさか、これが原因で事件に巻き込まれる事になるとは…

お嬢は私の愛剣を人質代わりに盗みの手伝いをするようにと脅迫してきた
断れば剣にマミる呪いのついたリボンや見栄えを悪くする傷を付けられ兼ねない、私は情けない事にどうする事も出来ずに渋々と要求を呑んだ…。
お嬢が盗みたがっていたのはバレンタインの時にだけ稼働するという秘密のチョコレート工場のチョコレート。しかも、少量ではなく…工場内にある全てのチョコレートを盗むと言った。
バレンタインに世界中で売られるハズのチョコレートを独り占めするという 人々の夢を壊すような野望を抱いていたのだった。
普通ならそこで断ると言って即ばくれつけんかフリーズブレードで冷凍加工していただろう。
今は僅かな抵抗すらも許されない状態だ…

私は、この世界において初めて悪事を働いた…。

チョコレート工場に忍び込むのは容易く、目的の物はあっさり見つかったので盗み出すとしばらく逃げて特定の場所にチョコレートを隠すように言われた。
工場から出る時、工場で働いている人や冒険者達に見つかった。
逃亡する前に大勢の前でお嬢は啖呵を切った、捕まえられたならチョコレートは全て返したろvと…捕まったら髪の色を変えてもいいとも言っていたな。
私は剣の為にチョコレートを背負って必死に逃げ出した。誰かがお嬢を止めてくれる事を願いながら…

捕まらぬように買っておいた移動速度靴の力なのか、逃げ場が広かったのか…始終追っ手の冒険者には会う事は無かった。
誰も私を止めてくれなかったのが少し悲しかった。
だが、お嬢の野望を見事捕まえて食い止めてくれた冒険者がいたおかげで盗んだチョコレートは全て工場へ返され、私の剣も無事なまま背中に戻った…
邪な野望を抱いたお嬢は罰として、捕まえた者に髪色を染められたが…その髪色はウェディだと保護色になり、インパクトの無くなるアイスブルーにされた。あるエルフの少年がそれを肌色と言っていたな。
ウェディからしてみればだが…

事件はこうして解決され、人々の夢は守られた。しかし、私は手放しで喜べなかった…
しばらくは自身のうっかりが原因で泥棒の片棒を担がされた罪悪感が消えそうにない。
事件解決後に誰かに渡されたチョコレートはかじると甘い種類のもののハズなのにあまり甘さが感じられず、ほろ苦い味ばかりが口の中に広がった。
  1. 2013/02/25(月) 12:53:40|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

診療所の老師、僧侶リャン

私だ、ウェディ戦士のリィクだ。
最近よく共に冒険する者が何人かいて、その人の事を記してみたくなった。
独断やら偏見やらが混じるかもしれんがまずはひとり、紹介してみようと思う。
記念すべき一人目は我が相棒にしよう。



プクリポ僧侶リャン

自称、齢200の仙人の白いヒゲがよく似合うプクリポである。肌の色はクリーム色、瞳の色は分かりにくいがオレンジだ。
グレン住宅街、雪原地区にて診療所を開いてはいるが大体は不在にしているようだ…
本職は僧侶、診療医とも言えるな。
よく老師と呼ばれているようだが、私は相棒と呼んでいる。
性格はお茶目で愛嬌のあるじいちゃん…なハズなんだが時折オヤジっぽくなる。老師らしい貫禄のある言葉を語る事もあるんだがな…
怒る時はしっかり怒る仙人なんだがどうも場に流されやすく、悪ノリしたがる。
また、よく皆からいじられる傾向にあるが愛されているという証拠だと思われる。
戦闘に関しては申し分ない腕前であると評したい、そうでなければ頻繁に全滅する事になっていたろう…流石仙人。
私がアストルティアで初めて相棒と会ったのは9月ぐらいだろうか…相棒になったのはそれから3ヶ月してからだ。
彼は共に冒険する大切な存在だ…
まあ、扱いが少々荒いのは…気にするな。

このページでは、株式会社スクウェア・エ ニックスを代表とする共同著作者が権利を 所有する画像を利用しております。当該画 像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. http://sqex.to/cau
  1. 2013/02/18(月) 10:12:04|
  2. 魚人リィクと頼れる仲間紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旅は道連れ、後から来た者と共に

私だ、ウェディ男戦士のリィクだ。
最近、両手剣戦士が役立たずだとか狂人扱いされているようでな…
その悔しさにひとりで歯を食いしばって嗚咽を殺しながら泣いていた事があった。
これを読んでいる物好きな方よ…男は泣いてはいけないとか、らしくないとかは言わないでくれ…
そんなに辛いのならやめればいいが、嘆いている内にどんな状況下に置かれようとも誇りは決して失われない事を過去の世界で教えられた事を思い出した。
なあ?エルジュ…
私は両手剣を振るい、仲間を護りながら戦う戦士の姿を夢見てここまで戦ってきた…戦っている内に自身に誇りが芽生えていたのだ。
どんなに蔑まれようとも、いつかは強敵を叩き斬ってみせる…

さて、今回は生き返しを受けてから1ヶ月と少しの冒険者との共闘について書いていこうと思う。


ある日の事だったが…最近は多忙らしく、話す機会がつかめないでいた相棒から急に呼ばれた。
少し前に会った相棒の弟子のドワ子メギストリスのキーエンブレムを取る為の手伝いをして欲しいとの事だった。
既に病気で弱りきった王が風車へ向かい、ラグアス王子がその後を追っていった後らしい。
つまり、風車で腹の立つニヤケ顔をしたガマガエルの軍師を叩けば終わりだ。
今の私は格闘技を駆使するパラディンであり、火力が運が良いと爆発的に出る状態であったが…本職の戦士だと強イッドではない為にあっさり終わってしまう。
とはいえ、ばくれつし続けても早く終わってしまいそうな為にハンマーを担いで挑む事にした。
魔軍師イッド。人間の弱点に取り入る事に長けた狡猾でいやらしいカエルの魔物であり、呪文による攻撃を得意としている。杖で殴って魔力を吸おうとしたり、指パッチンで魅了してきたり、いてつくはどうで私達にかかっている補助効果をはがそうとしてくる。
実にいやらしい戦法だ…
だのに、舐めてかかったのがいけなかった。
途中から魔力を吸われて枯渇し、苛立ってきた私はハンマーを捨ててばくれつけんで攻めはじめたが思うように身体が動かない。
すぐに拳が擦りむけ、小ビンの水をかけてもなかなか痛みがひかないせいでばくれつけんを連発できず…
後ろでは満身創痍の相棒とドワ子が枯渇した魔力を補いつつ傷を癒やしてくれていたのを感じられた。
しばらくするとカエルは魅了攻撃を使うようになり、戦況は思わしくないものとなっていった。
相棒のジバリカで私は死に、やっと立ち上がったと思いきや…また魅了された。
そして、勝手に身体が動くとドワ子を身体を貫かんばかりの勢いで一発殴り、非情にも私はその命を己の意志に反した行動によって奪ってしまった。
女を泣かせる男は最低だと言うがまさに今の自身がそれであり、魅了を利用した屈辱と苛立ちから私の怒りは竜の炎の如く燃え盛った。
相棒がカエルを殴っている横で私はひたすら怒りに身を任せ、ばくれつけんを叩き込んでいった。

「ふざけるな…このガマガエルが!」

気が付けば目の前に倒れたイッドに向かってそう叫んでいた。
すぐに激情に駆られるのが私の悪い癖だ、後から思えば少々恥ずかしい。

その後、生き返ったドワ子が記念撮影をしたいとの事で写真に収めた。



今では冥王討伐に向かう者は少なく、後から来る者達の手助けが出来るのは貴重な体験だと言えよう。
その後、ドワ子は無事に人間になったという。
願わくば、いつまでも純粋な心であって欲しいものだ。


このページでは、株式会社スクウェア・エ ニックスを代表とする共同著作者が権利を 所有する画像を利用しております。当該画 像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. http://sqex.to/cau
  1. 2013/02/04(月) 10:37:26|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。