DQX 魚人リィクの汗と涙の手記

戦士を愛する不器用なウェディ男がアストルティアの冒険で体験した事を綴った日記である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

診療所の老師、僧侶リャン

私だ、ウェディ戦士のリィクだ。
最近よく共に冒険する者が何人かいて、その人の事を記してみたくなった。
独断やら偏見やらが混じるかもしれんがまずはひとり、紹介してみようと思う。
記念すべき一人目は我が相棒にしよう。



プクリポ僧侶リャン

自称、齢200の仙人の白いヒゲがよく似合うプクリポである。肌の色はクリーム色、瞳の色は分かりにくいがオレンジだ。
グレン住宅街、雪原地区にて診療所を開いてはいるが大体は不在にしているようだ…
本職は僧侶、診療医とも言えるな。
よく老師と呼ばれているようだが、私は相棒と呼んでいる。
性格はお茶目で愛嬌のあるじいちゃん…なハズなんだが時折オヤジっぽくなる。老師らしい貫禄のある言葉を語る事もあるんだがな…
怒る時はしっかり怒る仙人なんだがどうも場に流されやすく、悪ノリしたがる。
また、よく皆からいじられる傾向にあるが愛されているという証拠だと思われる。
戦闘に関しては申し分ない腕前であると評したい、そうでなければ頻繁に全滅する事になっていたろう…流石仙人。
私がアストルティアで初めて相棒と会ったのは9月ぐらいだろうか…相棒になったのはそれから3ヶ月してからだ。
彼は共に冒険する大切な存在だ…
まあ、扱いが少々荒いのは…気にするな。

このページでは、株式会社スクウェア・エ ニックスを代表とする共同著作者が権利を 所有する画像を利用しております。当該画 像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. http://sqex.to/cau
スポンサーサイト
  1. 2013/02/18(月) 10:12:04|
  2. 魚人リィクと頼れる仲間紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

硬派戦士リィク、自己紹介をする

私だ、ウェディ男のリィクだ。
最近、自宅のギガンテス像の足元が見ていない内にイタズラされていてだな…

気が付いたら前のページで撮したスラつむりじゃなくてオーガの胸像が踏まれていた。

どうしてこうなった…

いきなり始めた手記ではあるが、まだ自己紹介をしていなかった事に気が付いたので自身が自覚している範囲で私の事を記していく。
いつものカテゴリとは違う分類にしてあるのでそこは注意してもらいたい。


さて、まずは改めて名乗らせてもらおう。

私の名前はリィク。見た目はレーンの村のウェディであり、中身は生き返しを受けたエテーネの村の人間だ。


外見はご覧の通りだ。
色の薄い水色の肌に銀髪、鋭い目つきで瞳の色は宝石よりも深い赤色をしている。写真には映ってないが修行のせいか、ヒレ先はボロボロで切れ目が入っていたりする。
性格は堅物で清廉潔白、口数は少なく常識人。
激情に駆られる事もあるが、大抵は静かに感情を表すだけである。
また、度が過ぎた変態が好きではない。
戦士を本職としており、周りからは硬派戦士とも呼ばれている。

好きな風景はデマトード高地の竜の頭蓋骨と水晶のある場所とガタラ水没遺跡等の荒れ地。
苦手なものは暴走した変態と後衛職。
魔物よりも変態を恐れている。
よく共に冒険をするプクリポ僧侶の相棒がいる。

書き出してみるとこんなものだろうか。
自身を理解するというのは難しい事だ…

このページでは、株式会社スクウェア・エ ニックスを代表とする共同著作者が権利を 所有する画像を利用しております。当該画 像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. http://sqex.to/cau
  1. 2013/01/21(月) 10:22:36|
  2. 魚人リィクと頼れる仲間紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。