DQX 魚人リィクの汗と涙の手記

戦士を愛する不器用なウェディ男がアストルティアの冒険で体験した事を綴った日記である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪に散る紅、辺境の村にて【前編】

久し振りに手記に触れた気がする…マズいな。
何やってたんだと言われかねないウェディ戦士のリィクだ。
いや、別に書く事が全くなかった訳ではない。
筆を握る気になれなくてな…冒険自体は進展はあった。
またお嬢の盗みに巻き込まれたり、蜘蛛以外の強ボスに挑んでみたり…アトラス倒したり、強い武器を得たり、桃猿を逃しまくったりな!

さてと…今回はランガーオ村で起きた事件について記してみるとしようか。

銀猿を狩るのにラギ雪原によく行くのだが、そこへの最寄りの町村がたまたまランガーオ村であった。
ほぼ素通りしているだけであまり村を探索しなかったが…たまには多種族の文化に触れてみるのも悪くはない。
村人が村王…まぁ、村長とどう違うのかは分からないが…会うといいと言っていたので訪ねてみた。
しかし、あいにくの留守だったようだ…また改めて来るかと引き返そうとした所、村王の側近が声をかけてきた。
どうもラギ雪原に村人を探しに行った村王が戻らない事が心配らしい。
…そこで遭難するか?普通なんて言葉が出かけたのを呑み込みつつ、側近の頼みを聞いて村王を探してみる事にした。
確かにここに訪れる奴らはだいたい正気じゃない…血眼になって銀猿追いかけて回してるしな。
なんて思っている内に遭難しかけた村王と気を失った村人を入り口付近でわりとあっさり発見した。
吹雪にやられて弱ってはいたが、側近に渡されたヌーク草を渡したら2人共元気を取り戻して村へ戻っていった。

それからしばらくして再び村王を訪ねてみると、今度は村王が私の腕を見込んで頼み事をしてきた。
村の伝統を子供達に教えたいという事でエゼソル塩湖から塩を採ってきてくれとの事。
塩で何をするんだか…デカい焼き肉でもするのか?
と思いつつ、自宅経由で人の気配のないガタラ付近のサーマリ平原からエゼソル塩湖へと向かった。
小屋にいるドワーフと軽く話したが、村王の使いが来たのは久しいらしい。
許可を得てから塩湖に入った、いや…湖とは言うもののそこには水は一滴もなかった。
あるのはザラザラの白い塩のみ、辺り一面キラキラした塩しかなかった。
湖に飽きて、天へと伸びていったかのような塩の柱の下のタルから塩を頂くと速攻でルーラ石をかざしてその場を離れた。
塩分は鎧によろしくない上になんだか身体が痒くなってきたからだ。
ちょっと塩をなめてみたがレーンの村やジュレットで使われるようなものとは比較にならない位には濃い!そりゃ痒くなるな。
鎧を拭いた後、アズランの温泉で塩を落として熱い湯に浸かった…こうしてゆっくりしたのも大分久しい。
ここんところあちこち飛び回っていたからな…
村に戻って村王に塩を渡すと、村王に村の奥にある武闘場に来るように言われたのでそこへ向かった。
村王は子供達に村の伝統を教える為に塩を頼んだようだ。
武闘場の祈りの儀式…いつも簡略してやっていたものをちゃんと行った。
塩を撒いてここで命を落とした者達や戦神に祈りを捧げていたようだが…アストルティアには一体何人神がいるのだろうな。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/05/10(金) 21:00:00|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 灰と光、氷像と影と…【前編】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://spelunker0320.blog.fc2.com/tb.php/14-01e3d03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。