DQX 魚人リィクの汗と涙の手記

戦士を愛する不器用なウェディ男がアストルティアの冒険で体験した事を綴った日記である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

剣無き戦士と苦いチョコの記憶

※今回はユーザーイベント『チョコ泥棒を追いかけろ!』の記憶が記されているようだ。

私だ、ウェディ戦士のリィクだ…。
先日は嫌な思いをした…私らしからぬ失態を犯したのだ。

私の竜殺しの両手剣がある人に盗まれた。
にも関わらず、その事に気が付かなかったのだ!


某日、特訓クエストを果たすべく強敵に挑み、激戦続きで真っ白に燃え尽きてベッドに倒れて抜け殻のようになっていた。
(転職して絹のローブを着ていたので文字通り真っ白だった)
確かもうしばらくは血で汚れたくないとかおかしな事をぼそりと言っていたような気がする。
一緒にいた相棒も心配していたか…
意識が朦朧としてきた所でお嬢が家に来たんだったな…
私の様子を見るなりニコニコしながら今ならノーガードだからイタズラなり襲うなりできるやないのvとか言っていたか…
流石に普段の突き刺さるような返しがなかったからか、何もしてこなかった。
いや、正確にはこの時に剣を盗んだと思われる。
後日、剣が盗まれていた事に気が付いた時はもう手遅れであった…

まさか、これが原因で事件に巻き込まれる事になるとは…

お嬢は私の愛剣を人質代わりに盗みの手伝いをするようにと脅迫してきた
断れば剣にマミる呪いのついたリボンや見栄えを悪くする傷を付けられ兼ねない、私は情けない事にどうする事も出来ずに渋々と要求を呑んだ…。
お嬢が盗みたがっていたのはバレンタインの時にだけ稼働するという秘密のチョコレート工場のチョコレート。しかも、少量ではなく…工場内にある全てのチョコレートを盗むと言った。
バレンタインに世界中で売られるハズのチョコレートを独り占めするという 人々の夢を壊すような野望を抱いていたのだった。
普通ならそこで断ると言って即ばくれつけんかフリーズブレードで冷凍加工していただろう。
今は僅かな抵抗すらも許されない状態だ…

私は、この世界において初めて悪事を働いた…。

チョコレート工場に忍び込むのは容易く、目的の物はあっさり見つかったので盗み出すとしばらく逃げて特定の場所にチョコレートを隠すように言われた。
工場から出る時、工場で働いている人や冒険者達に見つかった。
逃亡する前に大勢の前でお嬢は啖呵を切った、捕まえられたならチョコレートは全て返したろvと…捕まったら髪の色を変えてもいいとも言っていたな。
私は剣の為にチョコレートを背負って必死に逃げ出した。誰かがお嬢を止めてくれる事を願いながら…

捕まらぬように買っておいた移動速度靴の力なのか、逃げ場が広かったのか…始終追っ手の冒険者には会う事は無かった。
誰も私を止めてくれなかったのが少し悲しかった。
だが、お嬢の野望を見事捕まえて食い止めてくれた冒険者がいたおかげで盗んだチョコレートは全て工場へ返され、私の剣も無事なまま背中に戻った…
邪な野望を抱いたお嬢は罰として、捕まえた者に髪色を染められたが…その髪色はウェディだと保護色になり、インパクトの無くなるアイスブルーにされた。あるエルフの少年がそれを肌色と言っていたな。
ウェディからしてみればだが…

事件はこうして解決され、人々の夢は守られた。しかし、私は手放しで喜べなかった…
しばらくは自身のうっかりが原因で泥棒の片棒を担がされた罪悪感が消えそうにない。
事件解決後に誰かに渡されたチョコレートはかじると甘い種類のもののハズなのにあまり甘さが感じられず、ほろ苦い味ばかりが口の中に広がった。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/02/25(月) 12:53:40|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<灰と光、氷像と影と…【前編】 | ホーム | 診療所の老師、僧侶リャン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://spelunker0320.blog.fc2.com/tb.php/8-b1900a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。