DQX 魚人リィクの汗と涙の手記

戦士を愛する不器用なウェディ男がアストルティアの冒険で体験した事を綴った日記である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホーローさんの難題をこなした後に【後編】

私だ、ウェディ男のリィクだ。
手記を書いている最中にしにがみのきし討伐に呼ばれた為に内容を分割させてもらう事になった。
討伐に向かっていた道中で尻尾の先に可愛らしい大きなリボンを付けた知り合いのオーガ男の盗賊を見かけたが…
自身の目を疑った。
逞しい者がリボンを靡かせて走っていく様は不思議であったぞ…悪戯されたのだな。(この一文だけ字が震えているようだ…)
さて、前回はみずたまドラゴン討伐の事を記した。
今回は討伐後の話をしていくとしよう。

100頭を討伐した後、解散する事になったが…
別れ際に野良で組んだオーガ男のパラディンの心意気に感銘を受けた私は彼と友情を結んだ。
彼もまた、私の戦士としての生き様を気に入っていたようだ。
何度倒れようが、相手を倒すまでは諦めない粘り強さが私の戦士としての生き様なのである。
ネバーギブアップ、諦めなければ成功する…と。

強敵との長い戦いで疲労し、両手剣を握っていられなくなった私は元の修行中であった僧侶の姿になり
よく共に冒険をする相棒のプクリポ僧侶の元へ向かう事にした。

名を伏せているせいで何だか登場人物が紛らわしくなってきたな。
今度個人名出しても良いか聞いて仲間紹介にページを割いてみようか…


とりあえず、向かった先はウェディ男の知り合いの家であった。
何か企画をしていたようでその反省会を複数人でやっていた。
相棒が部屋の隅の方で大きなごうかな花瓶を小さな身体で背負って遊んでいたので花瓶の隣に立った所、
花瓶に寄りかかり、わざと重さを増やして嫌がらせしている
ように見える写真を撮られてしまったようだ。
彼が花瓶の近くに立つように頼んできたのでそうした訳で
決して虐めた訳ではない事を御理解頂きたい。

しばらくして…反省会をしていたメンバーと疲れて遊びに来ていた(理由がおかしいな…)私を含め、
フルーツバスケットなる遊びをやる事になった。
ルールは皆が知っているであろう条件つきイス取りゲームのようなものだ。
知らないのなら調べておくといい。
3回鬼になったら罰として「一発芸を披露せよ」との事で、恥はかきたくない私は真剣にイスに走った。


その時の様子はこんな感じだ。
イスというよりは座布団だな…w
激し…くはなかったがイスの争奪戦の末、
このページ冒頭で見かけた悪戯されたオーガ男が一発芸をする事となった。
自ら罰を提案しながらもやる羽目になったのは言い出しっぺのなんとやら。
彼が披露したのは「説明しましょう!」と言いながらウェディの挨拶をするキンナー調査員の真似であった。その後、彼は落ち込んでしまったが何かと恥ずかしい目に合いがちなのだな…と励ましたくなる気がした。
  1. 2013/01/11(金) 03:11:34|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーローさんの難題をこなした後に【前編】

私だ、ウェディ男戦士のリィクだ。
どうやら私の手記の題名を読み間違えている輩がいるようで困っている。

魚人(うおんちゅ)リィクの汗と涙の手記と読む、以後間違えぬよう。

さて…前回、過去について記そうと思っていたが…
変わった出来事があった。
特に書く事がなかった日に過去の話を入れるとしよう…
今回は狩る必要のあった魔物との死闘と
ちょっとした遊びをした事ついて記していきたいと思う。
昨晩、私はパッシブ回収をすべく修行中であった
ばくれつモンク僧…ではなくて
僧侶をやめて本職である戦士の姿を取り戻していた。
今、アストルティアで行われているという
ホーローじいさんの討伐依頼をこなす為であった。
「み」のつく名前の魔物を討伐しろとの事だが…
どうも討伐数の伸び悩むモノがいる様子であり、
その内の1種である「みずたまドラゴン」を
所属しているチームの仲間と狩る事になった。
仲間に魔法戦士と僧侶の仕事を頼んで、
野良で募ったオーガ男のパラディンと共に
私達はジュレー島上層部へ向かった。

にんまりと笑っているようにも見えるみずたまドラゴンは自ら襲ってくる事は無く、のんびりと歩いているだけなのだが…
戦闘となると流石はドラゴンである。
竜のおまもりをつけていても光のブレスの威力は凄まじいものであり、時に焼け付く息で動きを止めようとしてくる。
ただ引っ掻いてくるだけでもズタボロにされそうな威力があり、さらに怒ると尻尾を振り回す。
これに打たれると例え熟練した戦士やパラディンであっても瀕死の重傷を負うのである。
ドラゴンバスターにバイキルトを乗せて竜殺しの斬撃をすると3ケタの威力がでるが…
何回斬っても竜は倒れなかった。
苦戦を強いられたが…
こちらも負けじとばくれつけんや竜殺しの斬撃、
時に必殺技や盾ガードによるマヒ攻撃を繰り出し
魔法戦士の援護や祈り僧侶の的確な魔法によって
どうにかみずたまドラゴンを100頭倒したのであった。

恥ずかしながら幾度となく地に倒れ伏したが
冥王を倒そうとしていた頃もよく仰向けになっていたものでこの感覚を懐かしく感じられた。

  1. 2013/01/09(水) 14:50:47|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とあるウェディ男が記した旅の手記

私はウェディのリィクだ。
アストルティアで最強の戦士になるべく
日々鍛練をしている。
突然ではあるが日々鍛練ばかりで
つまらん男と思われぬよう、日記を書く事にした。
文章を書くのは苦手だが…なんとかなるだろう。

まずは何を書くか考えなくてはならないな…
正直、現状で記せる事と言ったら日々の鍛練、ひたすら狩りをするだけの平凡な日常ぐらいなものである。そんな記録、誰が求めるのか

そうだな…
まずは手始めに私の過去の話からしていこうかと思う。
思い出を全て忘れる前に記してしまいたいところではあるが…
ばくれつけんのし過ぎで疲れたようだ。
明日から少しずつ記していく、不器用なりにまとめてみるとしよう。
  1. 2013/01/08(火) 03:22:58|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。