DQX 魚人リィクの汗と涙の手記

戦士を愛する不器用なウェディ男がアストルティアの冒険で体験した事を綴った日記である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終の始まり、旅人は何を思う

※今回はクエスト「終を告げる姫君」のネタバレがある、それでもいいのなら読むと良いだろう。


私だ、ウェディ戦士のリィクだ。
少し前にオルフェアの西で風邪をひいた老人の世話をしたのだが…
先日、具合はどうかと様子を見に行ったら老人が震えていた。
私の姿を見るなり助けてくれと尋常じゃない様相で縋ってきたのである。
風邪をこじらせて悪夢でも見たのかと心配して尋ねたが、どうやら別の事で困っていたらしい。

光の河で白い衣を纏った女の幽霊がすすり泣いていたのを見たのだという…

老人は幽霊を怖れて震えており、とにかく除霊してくれと必死で訴えてきたのでなんとかしてみる事にした。
亡霊を怖がるどころか、姿を捉えて狩りの対象にすらしていた私に死角などない。
老人に幽霊がいたという場所を聞き、退治するべく光の河へ向かった。
そこには確かに白い衣を纏った女がいた。
殺意や怨念等は感じなかったが、もの悲しい雰囲気をしている白い衣の少女は…どう見ても生きている。
老人の勘違いかと溜め息を吐いたが
何故ここに佇んでいるのかが気になったので話しかけてみた。
すると、私を待っていたのだという。
「世告げの姫君」と名乗る少女サテラ、彼女は光の河の声に耳を傾けるように言った。
………。
何かが苦しんでいる、その前に河に意識がある事に驚愕した。
少女は光の河の苦しみを和らげる為に星霜の聖水(だったか?)なるものをヘルジュラシックから取ってきて欲しいと頼んできた。
大抵、光の河の傍に佇む者達はだいたい強いらしいが少女には厳しそうだ。
私は酒場で人を雇うと、チョッピ荒野へ向かった。
ヘルジュラシックはとてつもない力で噛み付き、ブレス攻撃で容赦なく私達を焦がそうとするものの…竜に滅法強い私にはどうでもいい事だった。
光の河に戻り、目的の物を少女に渡すとそれを少女は光の河へと撒いて河の力を取り戻した。
光の河の力が弱ると光が冷たくなるらしい…
そろそろ老人の元に戻ろうと別れを言おうとした時。
辺りが突如闇に包まれ、気がつくと空には星空と流星群が現れていた。
おかしい、真昼であったハズなのに…
空を眺めて振り返った少女の瞳は元の紫ではなく、星の金色に染まって輝いていた。
戸惑いを隠せぬ私に少女は厳かに星の御告げを口にした。

流星群が現れた時、アストルティアの滅びの刻が始まる…

謎めいた言葉で言われると理解しにくいが…
やがてアストルティアには血のように赤い月が昇り、星が流星群となって空から消えると狂気に満ちた闇が目を覚ますとかなんとか…
光の河の力が徐々に弱まっていて完全に力を失った時が危険だとか…
それでも、目の前で何かが動き出したのは分かった。

少女はこれ以上先の事は分からない、星の声が弱くなっているとのだと言った。
辺りが昼間に戻ると少女は老人によろしくと言って別れを告げた。
今後は光の河の力が弱まっていくのをなるべく抑える為に尽力するとの事だ。
冥王との戦いは闇との前哨戦に過ぎず、これから来る闇はその冥王よりも遥かに強いだろう。
私は多くの思い出を紡いできた大切なこの世界を仲間と共に護りたい、滅ぼされる訳にはいかない。その為にも修行して力をつけなくては…

涙のように煌めいては流れて消えゆく美しい流星群は非情にもアストルティアの終を告げた。
その光景は今でも自身の決意と共に心に焼き付いている。
  1. 2013/01/25(金) 15:04:54|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

硬派戦士リィク、自己紹介をする

私だ、ウェディ男のリィクだ。
最近、自宅のギガンテス像の足元が見ていない内にイタズラされていてだな…

気が付いたら前のページで撮したスラつむりじゃなくてオーガの胸像が踏まれていた。

どうしてこうなった…

いきなり始めた手記ではあるが、まだ自己紹介をしていなかった事に気が付いたので自身が自覚している範囲で私の事を記していく。
いつものカテゴリとは違う分類にしてあるのでそこは注意してもらいたい。


さて、まずは改めて名乗らせてもらおう。

私の名前はリィク。見た目はレーンの村のウェディであり、中身は生き返しを受けたエテーネの村の人間だ。


外見はご覧の通りだ。
色の薄い水色の肌に銀髪、鋭い目つきで瞳の色は宝石よりも深い赤色をしている。写真には映ってないが修行のせいか、ヒレ先はボロボロで切れ目が入っていたりする。
性格は堅物で清廉潔白、口数は少なく常識人。
激情に駆られる事もあるが、大抵は静かに感情を表すだけである。
また、度が過ぎた変態が好きではない。
戦士を本職としており、周りからは硬派戦士とも呼ばれている。

好きな風景はデマトード高地の竜の頭蓋骨と水晶のある場所とガタラ水没遺跡等の荒れ地。
苦手なものは暴走した変態と後衛職。
魔物よりも変態を恐れている。
よく共に冒険をするプクリポ僧侶の相棒がいる。

書き出してみるとこんなものだろうか。
自身を理解するというのは難しい事だ…

このページでは、株式会社スクウェア・エ ニックスを代表とする共同著作者が権利を 所有する画像を利用しております。当該画 像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. http://sqex.to/cau
  1. 2013/01/21(月) 10:22:36|
  2. 魚人リィクと頼れる仲間紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私とみずたまドラゴンとナイスポーズ

私だ、ウェディ男のリィクだ。
ここ一週間程日記を書くのを忘れていた訳ではないがしばらく書いていなかった事には変わりない。
読んでいる人には申し訳なかった…
さて、今日は先日期間内に達成されたホーローじいさんの難題とその報酬について書いていこうと思う。


年が明け、三が日を過ぎた頃に突然冒険者達に突きつけられたホーローじいさんの初夢の話。
その内容は「み」のつく13種のモンスターが呪いによってヘビに化けてイタズラをして迷惑をかけてくる…らしい。
妙ちくりんな魔法を解呪すべく、冒険者達には

各種2013000匹ずつ狩ってこい

との事であった。
報酬には元気玉やふくびき券、見慣れぬしぐさ書とそそられるものが用意されてはいたが
発表当時は誰しもが達成は不可能であろうと興味を持たなかったり、無謀な数字の前に絶望していた。
(以前、スライム討伐イベントが開催されていた事があったが、それはメタルスライムのランダム出現と逃げやすさが原因で失敗に終わった。それで今回も無理だと思ったのだろう)
例え雑魚を始末できたとしても、残りの上位4種のうみぼうず、しにがみきぞく、みずたまドラゴン、しにがみのきしは達成するのは厳しいと言われていたのである。
それでも成し遂げてやろうとした人がいたのか、2日程でアルミラージが陥落。くみひもこぞうやだいみょう等も続いていったが…それでも討伐数は伸び悩んでいた。
イベント開始から数日、突然討伐数が伸び始めた。

なんと、謎のしぐさ書「ナイスポーズ」の写真が発表されたのだ。

皆、その写真をみて急にやる気を出し始めた。
冒険者達の間で見つけにくいうみぼうずが出るポイントがまとめられた地図が広まり、強敵に有効な戦法等の情報が飛び交った。
私も少しばかり貢献してみるかと両手剣を携えて戦っていたが…
誰かが戦士が使えないと言った事で好きな職業をバカにされたと憤り、飢えたサメの如くみずたまドラゴンを更に200頭程捌いてしまった。
その時の私は実に狂暴な顔をしていたのではないだろうか…
とにかく、不遇だと嘆く前にできる事はすべきだ。

その後…アストルティアの冒険者達の心が一つになり、雑魚が討伐完了してから上位4種の討伐数は驚異的な伸びを見せた。
かくして、ホーローじいさんの難題の終了期限まで後1日を残して

1月13日の19時20分頃、13種全ての討伐が達成された。

私が期間中に貢献したのは
みずたまドラゴン300頭
みならいあくま100匹
しにがみのきし42体
ベホイミスライム数匹
うみぼうず20匹程であった。

そして、今日。



報酬のナイスポーズを手に入れたのであった。
私らしからぬしぐさ故にあまり使う事はなさそうだ…
だが…皆が協力し合えば無謀な難題も成し遂げられるという事は決して忘れられない経験になったと思う。

このページでは、株式会社スクウェア・エ ニックスを代表とする共同著作者が権利を 所有する画像を利用しております。当該画 像の転載・配布は禁止いたします。 (C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. http://sqex.to/cau
  1. 2013/01/16(水) 14:04:44|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーローさんの難題をこなした後に【後編】

私だ、ウェディ男のリィクだ。
手記を書いている最中にしにがみのきし討伐に呼ばれた為に内容を分割させてもらう事になった。
討伐に向かっていた道中で尻尾の先に可愛らしい大きなリボンを付けた知り合いのオーガ男の盗賊を見かけたが…
自身の目を疑った。
逞しい者がリボンを靡かせて走っていく様は不思議であったぞ…悪戯されたのだな。(この一文だけ字が震えているようだ…)
さて、前回はみずたまドラゴン討伐の事を記した。
今回は討伐後の話をしていくとしよう。

100頭を討伐した後、解散する事になったが…
別れ際に野良で組んだオーガ男のパラディンの心意気に感銘を受けた私は彼と友情を結んだ。
彼もまた、私の戦士としての生き様を気に入っていたようだ。
何度倒れようが、相手を倒すまでは諦めない粘り強さが私の戦士としての生き様なのである。
ネバーギブアップ、諦めなければ成功する…と。

強敵との長い戦いで疲労し、両手剣を握っていられなくなった私は元の修行中であった僧侶の姿になり
よく共に冒険をする相棒のプクリポ僧侶の元へ向かう事にした。

名を伏せているせいで何だか登場人物が紛らわしくなってきたな。
今度個人名出しても良いか聞いて仲間紹介にページを割いてみようか…


とりあえず、向かった先はウェディ男の知り合いの家であった。
何か企画をしていたようでその反省会を複数人でやっていた。
相棒が部屋の隅の方で大きなごうかな花瓶を小さな身体で背負って遊んでいたので花瓶の隣に立った所、
花瓶に寄りかかり、わざと重さを増やして嫌がらせしている
ように見える写真を撮られてしまったようだ。
彼が花瓶の近くに立つように頼んできたのでそうした訳で
決して虐めた訳ではない事を御理解頂きたい。

しばらくして…反省会をしていたメンバーと疲れて遊びに来ていた(理由がおかしいな…)私を含め、
フルーツバスケットなる遊びをやる事になった。
ルールは皆が知っているであろう条件つきイス取りゲームのようなものだ。
知らないのなら調べておくといい。
3回鬼になったら罰として「一発芸を披露せよ」との事で、恥はかきたくない私は真剣にイスに走った。


その時の様子はこんな感じだ。
イスというよりは座布団だな…w
激し…くはなかったがイスの争奪戦の末、
このページ冒頭で見かけた悪戯されたオーガ男が一発芸をする事となった。
自ら罰を提案しながらもやる羽目になったのは言い出しっぺのなんとやら。
彼が披露したのは「説明しましょう!」と言いながらウェディの挨拶をするキンナー調査員の真似であった。その後、彼は落ち込んでしまったが何かと恥ずかしい目に合いがちなのだな…と励ましたくなる気がした。
  1. 2013/01/11(金) 03:11:34|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホーローさんの難題をこなした後に【前編】

私だ、ウェディ男戦士のリィクだ。
どうやら私の手記の題名を読み間違えている輩がいるようで困っている。

魚人(うおんちゅ)リィクの汗と涙の手記と読む、以後間違えぬよう。

さて…前回、過去について記そうと思っていたが…
変わった出来事があった。
特に書く事がなかった日に過去の話を入れるとしよう…
今回は狩る必要のあった魔物との死闘と
ちょっとした遊びをした事ついて記していきたいと思う。
昨晩、私はパッシブ回収をすべく修行中であった
ばくれつモンク僧…ではなくて
僧侶をやめて本職である戦士の姿を取り戻していた。
今、アストルティアで行われているという
ホーローじいさんの討伐依頼をこなす為であった。
「み」のつく名前の魔物を討伐しろとの事だが…
どうも討伐数の伸び悩むモノがいる様子であり、
その内の1種である「みずたまドラゴン」を
所属しているチームの仲間と狩る事になった。
仲間に魔法戦士と僧侶の仕事を頼んで、
野良で募ったオーガ男のパラディンと共に
私達はジュレー島上層部へ向かった。

にんまりと笑っているようにも見えるみずたまドラゴンは自ら襲ってくる事は無く、のんびりと歩いているだけなのだが…
戦闘となると流石はドラゴンである。
竜のおまもりをつけていても光のブレスの威力は凄まじいものであり、時に焼け付く息で動きを止めようとしてくる。
ただ引っ掻いてくるだけでもズタボロにされそうな威力があり、さらに怒ると尻尾を振り回す。
これに打たれると例え熟練した戦士やパラディンであっても瀕死の重傷を負うのである。
ドラゴンバスターにバイキルトを乗せて竜殺しの斬撃をすると3ケタの威力がでるが…
何回斬っても竜は倒れなかった。
苦戦を強いられたが…
こちらも負けじとばくれつけんや竜殺しの斬撃、
時に必殺技や盾ガードによるマヒ攻撃を繰り出し
魔法戦士の援護や祈り僧侶の的確な魔法によって
どうにかみずたまドラゴンを100頭倒したのであった。

恥ずかしながら幾度となく地に倒れ伏したが
冥王を倒そうとしていた頃もよく仰向けになっていたものでこの感覚を懐かしく感じられた。

  1. 2013/01/09(水) 14:50:47|
  2. 魚人リィクの手記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。